他のアカウント

twitter

無料ブログはココログ

« 【移転しました】OS擬人化の波がちょっと遅れてMSXにも | トップページ | プロジェクトEGGで「カサブランカに愛を」 »

2005.06.16

プロジェクトEGG、「中華大仙」「マッドライダー」を発売開始

運営体制が整いつつある、レトロゲーム配信サービスの プロジェクトEGG は、ここ最近週に1本ペースで新作ゲームソフトの配信を行っており、MSXパソコン向けに発売されていたゲームソフトの復刻にも意欲的です。

5月31日には タイトー のMSX2用横スクロールシューティングゲーム「中華大仙」、6月14日にはキャリーラボのMSX2用カーアクションゲーム「マッドライダー」の配信が始まりました。価格はどちらも735円です。

実機での思い出に浸ってみると、「マッドライダー」は さておき(フォローしろよ)、「中華大仙」はMSX2なのに無謀とも思える横スクロール(カクカク)に挑戦しつつも、オリジナルであるアーケード版の雰囲気を十分に残した、なかなかの出来だったような。アーケード版の開発元であったHOT・B(ホット・ビィ)がそのままMSX2版の移植をしていたらしいのですが…ホント!?

関連記事: imahi.txt (06.01)

« 【移転しました】OS擬人化の波がちょっと遅れてMSXにも | トップページ | プロジェクトEGGで「カサブランカに愛を」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30080/4579998

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクトEGG、「中華大仙」「マッドライダー」を発売開始:

« 【移転しました】OS擬人化の波がちょっと遅れてMSXにも | トップページ | プロジェクトEGGで「カサブランカに愛を」 »