他のアカウント

twitter

無料ブログはココログ

« MSXの同一タイトルばかりを集めるブログ | トップページ | 次々と登場する「MSX系ブログ」 »

2005.01.26

負けじとMSXの同一タイトルばかりを集めてみる

画楽多だらけ1昨日、プレミアムMSX さんで同じソフトを複数持っている衝撃映像を紹介しました。自分は最近ちょうど家の片付けをしている最中だったので、企画をパクって僕もやってみたものの、やっぱり弾(コレクション)不足なのは否めないなぁ〜。

「画楽多」5本セット。あなたのお値段は?

余りにもマイナーなMSX2用グラフィックツールの 画楽多、今じゃほとんど手に入らないでしょう。家の在庫をほじくり返したら、なんとパッケージ付きで5本も出てきましたよ。

画楽多だらけ2

MSXのメガROMカートリッジにSRAMとバッテリーバックアップ回路を付けると、電源を切っても内容が保存できる 「SRAMディスク」なる外部ストレージ へ生まれ変わる 似非RAMディスク という技術が90年代後半に発表され、当時の濃ゆいMSXユーザーはこの似非RAMディスクをみんなして自作し、MSXの自分環境をモバイル していたものです。今でも似非RAM(とその派生であるMegaSCSI)を工作されている kalさん は、なんか 10個くらい作ってる し!(写真が衝撃的だ!メガコンも自作するというこだわり様)

そして「画楽多」はこの似非RAMを工作するには最適の基板でした。1990年後半、うちのサークルでは 似非セミナー という似非RAMの工作会を開いていて、これを工作したいけど工作に適したカートリッジを持っていない人へあげるために秋葉原のニュー秋葉原センターで300円くらいで大量に叩き売りされていた「画楽多」を10本くらい買い溜めしていたんですよね。で、いつの間にか余っちゃった、と。

こんなに余っちゃって、どうしよ!(^_^;


パッケージで揃わないと威圧感が無いな…

しかし、プレミアムMSX さんに対抗できるネタが「画楽多」しか無いという現状。あぁ悲しい。

HALNOTE2本今は 任天堂 にドップリな HAL研 の置き土産、HALNOTE の2本セット。MSX2でGUIをやろうという心意義だけで1つゲット。もう一つはなぜか貰いました。そういや、学生時代の地元の友達(MSXユーザー)はHALNOTEの存在自体を知りませんでした。そんなに珍しいんですか?

PAC3本Pana Amusement Cartridge(PAC) の3本セット。PACと言いながら FM PAC のほうが多い気がする。(^_^; SRAMが計24バンクあってもも、対応ソフトを持ってないから嬉しくない。※拙作 DMシステム2 はPACを読み書きできるAPIを用意しています。だからあなたの同人ゲームもPAC対応にしようぜ!(笑)

僕も一応やってみたものの、やはりソフトは パッケージで並べないと威圧感が生まれない ことを痛烈に実感。春夏秋冬さんは凄いです…。倉庫代だけでも大変でしょう?

最近では(特にケータイでは)オンライン配信がどうこう言っててパッケージをどんどん減らそうという動きが強まってますが、手に触る感覚を得ないとコンテンツを所有した気持ちになれないのは、僕が既に三十路を超えたオジサン世代だからでしょうか?


これらのソフトをあげます

余ってる分に関しましてはMSXユーザーの皆さんにお譲りしますので、欲しい方はご連絡ください。m(_ _)m

« MSXの同一タイトルばかりを集めるブログ | トップページ | 次々と登場する「MSX系ブログ」 »

コメント

>これらのソフトをあげます
はい! と手を挙げてみる。

最近、私設MSX博物館の館長と化している自分に
気付く今日この頃。

1チップMSXのイベントか何かで、
再度、ソフトウェア計測でも実施してみましょうか?

似非RAMかぁ。作ってみたいけど、電子工作とかしたこと無いし…。
もし「画楽多」分けていただけるのなら、挑戦してみたいかも。

画楽多はまだあるでしょうか。メルアドがわからないので書き込んでみました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30080/2700825

この記事へのトラックバック一覧です: 負けじとMSXの同一タイトルばかりを集めてみる:

» 「画楽多」5本 [MSX研究所長の日常]
ああ、懐かしい「画楽多(ガラクタ)」です。今は亡き和知電子工業がMSX2用に発売したお絵描きソフトです。 いかんせんツールとしてデキが良くなかったためにタイト... [続きを読む]

« MSXの同一タイトルばかりを集めるブログ | トップページ | 次々と登場する「MSX系ブログ」 »