他のアカウント

twitter

無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

今年もありがとうございました

年末はゴタゴタしていてネットにほとんどアクセスすることができませんでしたが、「blog元年」と呼ばれるこの2004年にMSX系のblogサイトとしてMSXユーザーの皆さんに評価していただき、大変嬉しく思っております。ご声援をありがとうございました。

MSXの発表から22年目となる2005年も、細かなネタから大きなネタまで、MSXにまつわる話題を手広く「落ち葉拾い」してゆこうと思いますので、これまで以上のご愛顧をよろしくお願いいたします。

続きを読む "今年もありがとうございました" »

2004.12.21

MSXでクリスマスソングを奏でるコンテントが開催中

コンテスト開催中chiptuneがらみでもう一つ話題を書かせていただきますと、MSX Resource Center にて12月17日より開催中の 音楽コンテスト「MuSiXmas challenge」 が面白そうですよ。

続きを読む "MSXでクリスマスソングを奏でるコンテントが開催中" »

MSXユーザーは「MUSIC」を聴いてニヤニヤしよう

CD到着!中の人がMSXユーザーでお馴染み(!?)、RAM RIDER の新譜「MUSIC」をゲットしました。 さっそく通勤中の車でパワープレイ状態なわけですが、これ、初めて聴いたときは唖然としました。「MSXの音を入れて!お願い♥」とお願いした自分 がとても恥ずかしい。この場でお詫びしたい気持ちでいっぱいです。

続きを読む "MSXユーザーは「MUSIC」を聴いてニヤニヤしよう" »

2004.12.20

MSXturboRのキーボード修理を詳しく解説

A1STのカバー開ける先月くらいからリニューアルオープンした実機主義のMSX系Webサイト MSX研究所 にて「ハードウェア研究部」なる新コンテンツが登場、その第1弾となる記事 turboRのキーボード修理 が12月17日に公開されました。

ネジ止めの箇所、カバーの開け方、フィルムの掃除方法など、一連の作業が写真付きで分かりやすく紹介されており、MSXの初心者でも問題なく作業が行える内容になっています。文献では「turbo R(FS-A1ST)での修理」が強調されていますが、パナソニック 製のMSXパソコンであるFS-A1WX、FS-A1FX、FS-A1WSX、FS-A1GTなどいった似たような機種でもほぼ対応するものと思われます(カバーの開け方は特に参考になるはずです)。

MSXパソコンの実機は10年以上経過している骨董品ばかりです。より永く使うためにも、年に1度はMSXの掃除をやるよう皆さんも心がけてください。

ちなみに今回使われているMSXは、そういやよくよく考えたら僕のA1STですよ!(^_^; しかも最近(2004年12月)、RETURNキーの効きがまた悪くなってきたような気がするので、今度は この記事を読みながら自分で頑張ります

【12.21更新】海外でも話題に!(うちへのURLが間違ってる…)

2004.12.17

「MSXリソースセンター」が消えた!が、もう復旧

出ねぇ!(T_T)世界各国のMSXユーザーが連日集いMSXの情報が蓄積され続けている、貴重なMSX系コミュニティサイトの一つ、MSX Resource Center が、今日の午後くらいから不通になっているようでした。僕のネット環境では「www.msx.org」へアクセスすると Hostingworx というオランダのホスティング会社が所有する旨のトップページが表示されています(17日18時現在)した。

【12.17 19:30更新】Webサイトが復旧しました。良かったです。

続きを読む "「MSXリソースセンター」が消えた!が、もう復旧" »

2004.12.16

ケータイで「インベーダー」と「影の伝説」

毎週1回は必ずケータイネタが出てくる今日この頃。そして今週もまた…と思っていたら。

blog@喜望邦「またまた携帯でレトロゲームアプリ」より:

PS2 Zにうつつをぬかしていると、かなり間が空いていたり…。
また、レトロゲーム(というかMSXでも出ていたゲーム)が追加されました。vodafoneしかチェックしていませんが…。

既にチェック済とは!情報早いっすねぇー!そのネタ、いただきました。

関連記事: 喜望邦「携帯で復活したMSXゲーム」

続きを読む "ケータイで「インベーダー」と「影の伝説」" »

2004.12.15

【移転しました】3DOにはMSXの遺伝子が…!?

この記事は移転しました。→http://gigamix.hatenablog.com/entry/2004/12/15/194133

2004.12.14

【移転しました】RAM RIDERの中の人はMSXユーザー

この記事は移転しました。→http://gigamix.hatenablog.com/entry/2004/12/14/140025

2004.12.13

PSPで動くMSX!?

私用でちょっと忙しくなった途端にMSXのネタが転がり込んでくる世の中ってどうよ!?僕を過労死させる気ですか!?…とは思いませんが、最近ちょっとMSXのネタが多すぎで、僕のほうがまったく追いつけなくて申し訳なく思っています。>ネタ提供者各位

ところで、これは一体!?

けんちゃんのお部屋6「その後の世界最小MSX」より:

ハメ込み合成ではありません(12/12)

ニンテンドーDS の次は PSP か!日本のMSXユーザーは本当に好き者ばかりですね!…って、こんなの有り得ねぇ!!

続きを読む "PSPで動くMSX!?" »

MSXマガジン永久保存版3の企画がスタート

2002年より 年刊(年1回刊行)という超スローペースで発行される8bit専門誌としての地位を固めつつある アスキーMSXマガジン永久保存版 ですが、通巻3冊目となる「…永久保存版3」の企画がスタートしたことを12月6日に発表しました。

関連ページ では、今後のスケジュールやコンテンツの進捗状況がQ&A形式で発表されており、今後も内容が更新される可能性があります。発行は2005年2月頃を予定…ということで、やはり年内の発行は難しかったようですね。1チップMSX との絡みも今回は無さそうだし…って、やはり別売なんですか!?

【12.13 14:00更新】 今後の動向に注目しましょう。…と思っていたら、昼になって大変なニュースが!

続きを読む "MSXマガジン永久保存版3の企画がスタート" »

ケータイで「ちまちま」「EGGY」

SOFTBANK GAMESより:

ボーステックは12月8日,同社が運用するiモードサイト「iゲーム大好き!」においてして505,900版「妖怪探偵ちまちま」と「EGGY」を追加した。ボーステックの名作が21世紀にバージョンアップされて,手のひらでプレイできるっ!!
---
プレイ料金は315円/月(「iゲーム大好き!」のコンテンツがすべて利用可能)。

MSXでもお馴染み(!?)、ボーステック妖怪探偵ちまちまEGGY が、NTTドコモ 向け携帯電話のiアプリで登場です。対応機種は 504iシリーズ、505i シリーズ、FOMA 900i シリーズ等、QVGA液晶が搭載されているモデル。

今回の2つのゲームは過去に携帯アプリで配信されていましたが、QVGA対応により映像が美しくなった他、「ちまちま」では なぜか萌え度がアップする など、最新機種でのバージョンアップが図られました。今後は他のメーカーからも最新機種用への対応が進んで、よりオリジナルに近い(むしろ超える)コンテンツが楽しめるかもしれませんね。

関連記事: SOFTBANK GAMES, Bothtec Mobile

2004.12.10

MSXとメモリースティックのイイ関係!?

おっ、ツッコミが来たので脊髄反射しちまいますよ!

超兄記「SONYのMSX??」より:

一瞬、「SONYのMSXがAmazonで売ってるの??」と勘違いしてしまいましたが、本当は…まぁ、そんなわけで。 なんか、GIGAMIX ONLINE さんみたいなネタだなぁ…というか、既に紹介されてたりしますか??>nf_banさん

それと、こちらの記事も関連しているので紹介。

Active MSX!「SONY MSX-256S/512S発売」より:

しかし、SONYの「型番を付ける部署」(ってあるのか?)には、
MSXユーザが居るのだろうか、意外と「MSXが付いた型番」が
多いように感じたりするこの頃です。

MSXでメモリースティックうっ、すみません…。メモリースティック型番がMSXというネタ はいろんな方から沢山頂いているのですが、あまりにも知られすぎている ごく当たり前な話題 と思い、わざわざblogで上げる必要性は無いだろうと思っていました。

以下、苦しい言い訳。

続きを読む "MSXとメモリースティックのイイ関係!?" »

2004.12.09

Baboo!掲示板がまさかの復旧?

Baboo!掲示板のトップ11月中旬より原因不明のまま稼動がストップしていたMSX専門検索エンジン Baboo! JAPAN掲示板 が、12月8日、これまた原因不明のまま復旧しました。早速、新規の書き込みもされているようです。

URLのindex.shtmlを省略するとトップページが表示されない等、サーバの設定がまだいくつか残っているようですが、今度こそもう本当にダメかと思っていたBaboo!の掲示板サーバがまさか復旧するとは夢にも思いませんでした。2000年より長らく設置していたため、サーバの物理的損傷によるダウンの可能性もありましたので、ホッと胸を撫で下ろしています。

岡山大学 の方々へはひたすら感謝する一方、我々Baboo!管理組合としても安定した掲示板の設置を目指し、いよいよ重い腰を上げなければいけないようですな!まずはサーバが生きているうちにバックアップから…。

# さっきメーリングリストへ提案書を一通送りましたので、ここをご覧になっている管理組合の方々はSPAMメールの山の中から必死にメールを探して下さい。(^_^;

関連記事: Baboo!の掲示板がいよいよ危ない?

2004.12.07

8bit世代を熱くする2つのイベント

フライヤー師走押し迫ってクソ忙しいことが予想される12月18日の土曜日は、我々MSX世代にはたまらない(!?)ディープな夜が待っているようです。奇しくも東京と大阪で同日に開催される、2つのイベントをご紹介します。

続きを読む "8bit世代を熱くする2つのイベント" »

2004.12.06

ケータイで「奇々怪界」

ITmedia Mobileより:
タイトー、BREW対応版アクションゲーム「奇々怪界」を配信

タイトーは11月25日より、EZアプリ (BREW) 対応携帯電話向け総合ゲームサイト「タイトーゲームエキスポ」で、アクションゲーム「奇々怪界」の配信を開始した。1ダウンロード420円の従量課金制。

MSX版も発売されていた タイトー の「奇々怪界」も、au の携帯電話向けEZアプリ(BREW)で登場です。MSX版 の印象としては、グラフィックも移植度もなかなかでしたが、カクカクなスクロールだったことだけが残念でした(そういや販売はタイトーではなくソニーでした)。

タイトーのアーケード移植作は フェアリーランドストーリーバブルボブル のような神移植ゲームもあれば、スクランブルフォーメーションラスタン・サーガ のようなグラフィックこそが見所(その他は…)のゲームもあったりして、ユーザーは 今回は当たりなのかハズレなのか、いつもドキドキものでしたね!

最近このblogでは、ケータイアプリで「MSXネタだ!」と言い切って記事を増やしているのですが、そろそろ正直苦しいよな…。

関連記事: ITmedia Mobile, 喜望邦・携帯で復活したMSXゲーム

2004.12.03

ニンテンドーDSで動くMSX!?

imahi.txt(12.2)より:

これ、1月にもここで紹介した、日本では発売されていませんがゲームボーイアドバンスにビデオ端子からの画像を表示する謎の中国製カートリッジです。名称は知りません。というか、カートリッジに何も書かれてませんし、パッケージもありませんでした。うーんアジアンテイスト。

 で、このカートリッジを12月2日に出してきたということは、やることはひとつでしょう。

なんだこれ!?Syntaxいまひさん のところで、昨日発売されたばかりの ニンテンドーDS でMSXを動かす衝撃の写真が!…って、ビデオ入力できる謎の周辺機器でMSXを繋いでるだけかい!(^_^; 相変わらずプログラミングには向かない模様。

種明かし(ビデオ入力)は後に取っておいたほうが良かったかもしれませんが、でも面白かったです。その心意義に感謝!

2004.12.01

ケータイで「カサブランカに愛を」

IDLE TALK「カサブランカに愛を」より:

今日から配信開始っす。
よろしくお願いします。
m(_ _)m

12月1日、アルティ は、ボーダフォン 対応のVアプリ(256k専用)の新作ゲームとして、MSXユーザーにはお馴染み「カサブランカに愛を」の配信を始めました。対象機種はVアプリ256k対応機(J-SH53・V601SH)で、月額525円。かるろ@喜望邦さん、お待ちかねのボーダフォンですよ!(^_^)

一応 MSX版のカサブランカに愛を もあるにはあるのですが、恐らく PC-8801版X68000版 など他機種版のほうが有名でしょう(X68000版が一番印象強いかな?)。ゲーム内容はほぼ同等で、MSX版ならではの特徴も無かったような気がします(ってか、MSXの移植タイトルって大体そうですね)。ケータイ版ではそれまでのシックな色使いから一転、今風のギラギラ感漂う画面になりました。僕はちょっと寂しい思いがしましたが、まぁティーンズに遊ばせるにはこれも止む無しといったところですか?

開発元である アルティの中の人(!?)ココログで宣伝 していたのを見て、思わずトラバってしまいました。

関連記事: GAME Watch, RetroPC.NET

PLUS、「ドラゴンクイズ」を発売開始

Amusement Center は11月26日、レトロゲーム配信サービスの PLUS にてコンパイルのMSX用クイズゲーム「ドラゴンクイズ」のオンライン販売を開始しました。このブログでは採り上げませんでしたが、気が付けば「DiscStation」の特集号(4作品)もいつの間にか発売されていたようです。なので、そろそろ「ブラスターバーン完全版」をぜひお願いしたい!

そういや PLUSのドラゴンクイズ の価格は1,575円…って、PLUSのハイドライド(PC-9801)ディーヴァ(PC-8801) は1,050円ですから、MSXだけは値が張りますね。MSX用タイトルが総じて500円「PLUS」された内訳って、T&Eソフトが一律1050円でアイキ(旧コンパイル)が一律1575円なのか!?それとも実は MSXのシステムBIOS代 なんですか!?(^_^;

関連記事: imahi.txt (11.30)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »